お金を借りるには返済能力は必須の条件です

どんな場合にもお金を借りるためにはその人に返済能力があるかないかということが問題になってきます。
返す能力がない人にわざわざお金を貸してくれるところはありませんから。
まずお金を借りる前の審査を受けることになるわけです。この審査の申し込み方法には今はいくつかあります。
自動契約機、電話、店頭窓口、そしてWEB上での入力。だいたいこのくらいでしょうか。
それぞれ多少違った形になりますので、自分に合った利用法を選ぶ必要があります。

 

今は簡単にWEB上での申し込みもできますからこちらが人気です。
このWEB上での申し込みはやはり待ち時間の大幅な節約やわざわざ店に出向かなくてもいいというメリットがありますからお金を借りたいけど忙しいという人には最適なのでしょう。
それに大手消費者金融のサイトでは、たとえば支払い期限などの利用状況がリアルタイムで確認できるところもあります。
これはかなり便利です。
消費者金融ローンはその定められた審査に通り、お金を借りる契約が完了した時点で融資を受けることができます。
その時間はかなり早いです。

 

それから、消費者金融は業者によってそれぞれ金利が異なっているのが普通ですですから、お金を借りる業者を選ぶときにはできるだけ利息の負担を避けるというのが賢い利用法になります。
当然のことですが金利が高いとなると、たとえば長期の借入の場合にはその支払い総額がかなり高くなってしまいますから利用法を間違えないようにしたいものです。

 

正社員ではない人でもお金を借りることは可能ですか?

現在では誰もが消費者金融を利用してお金を借りる事が出来るわけではありません。。
かつては収入のない方や不安定な方でも、どんどん利用する事が出来ましたが総量規制という法律の導入によって利用が厳しく制限されているのです。
この総量規制によって前年度の収入の1/3までが、最高利用額となるのです。
年収が600万円ある方は200万円まで利用する事が出来ますが、150万円の方は50万円までしか利用する事が出来ません。
ですので圧倒的に定職を持っているサラリーマンや、公務員の方などの方が有利なのです。

 

それでは安定した収入のないフリーターや、パートの方は利用出来ないのでしょうか。
答えは「ノー」です。
もちろんフリーターやパートの方でもお金を借りる事は出来ます。しかしながらその利用法には制限があります。
あくまでも前年度の収入に対して限度額が決められるので、その所得証明が出来ない場合には審査にパスしない恐れがあります。
ですのでフリーターやパートの方は、収入に対する信用を得るためにも、同じ職場で長く勤務することがとても大事なのです。
ただし消費者金融のキャッシングサービスは、銀行や信販会社に比べるとお金を借りる前の審査が緩いので、まずは試しに自分が該当するのか試してみてはいかがでしょう。
利用法は至って簡単です。各消費者金融のホームページにアクセスしてみて下さい。
そこには予備審査が出来るようになっていますので直ぐに自分が該当するのかが分かります。